保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい

保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい

そもそも乳液の役割とは

画像

化粧水とともに、スキンケアの基本アイテムとしておなじみの乳液。化粧水で補った水分が蒸発しないよう、油分によってフタをしてくれるので、保湿にはかかせません。

また、乳液は水分も多く含んだなめらかなテクスチャーのものが多く、肌をほぐし、柔らかく整えてくれる働きもあります。

肌の保湿に乳液は必要?

画像

「オイリー肌なので洗顔後、乳液は使わず化粧水だけ」という人がいますが、基本的には皮脂やニキビが気になる方も、乳液の使用をおすすめします。

なぜなら化粧水でうるおいを補給しても、乳液の油分でフタをしないと、水分が蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。そのまま肌が乾燥を感じると、自ら油分を補おうとかえって皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

ベタつきが気になる方は、水分が多いみずみずしいタイプの乳液を使うなど、使いやすいテクスチャーのアイテムを選んでみましょう。

肌の保湿を保つために大切なこと

画像

保湿のスキンケアで大切なことは、肌の水分と油分のバランスを整えてあげること。

化粧水はもちろん、こまめにお水を飲むなどの「水分補給」と、肌のうるおいを逃さない「油分補給」のどちらも意識することが、肌タイプを問わず重要です。

特に、油分は肌質や好みによって乳液にクリームやオイル美容液をプラスする方法もあります。

乳液・クリーム・オイル美容液の違いとは?

乳液
水分も多く含んでいるので、みずみずしい使用感が好きな方や、肌のごわつきが気になる人にもおすすめ。

クリーム
乳液にくらべて油分の比率が高く、よりしっかり水分の蒸発を防いでくれます。乳液では乾燥が気になる方におすすめです。

オイル美容液
独特のツヤ感があり、肌の上にしっかりと油分でカバーできるのがオイル。アイテムによって、化粧水の前に使用して肌をやわらかくしたり、スキンケアの最後に使用したりと使い方は異なります。

乳液いらずで高保湿。5滴で潤い続くアジャイルコスメの白いオイル

画像

このように肌の保湿に欠かせない乳液ですが、中には「乳液だけでは乾燥が気になるけれど、クリームやオイルを足すのはちょっと面倒」という人もいるはず。

乾燥は気になるけれど、化粧水ともう1本でしっかり保湿するなら、アジャイル コスメティクス プロジェクト(以下アジャイルコスメ)の「白いオイル」がおすすめです。

「白いオイル」の特徴は「1本で乳液のようなみずみずしさと、オイルのもっちり感」を兼ね備えている点。

8種類の天然由来オイルと、高濃度ビタミンC誘導体など肌を明るくする成分をたっぷり抱え込んだ水の二層式にすることで、オイル美容液のイメージにありがちなベタつきを感じることなく明るさもうるおいもそなえた肌が叶えられるのです。

使い方はとても簡単。化粧水をいつも通りつけたあと、「白いオイル 」が真っ白になるまで4〜5回しっかり振り、約5滴(10円玉大)を出して、顔になじませるだけ。

そしてアジャイルコスメは、お客様の声によって迅速に製品をアップデートしていくブランドです。「白いオイル」も、お客様の意見とプロの視点をかけ合わせ、最新のニーズを反映した処方や成分にバージョンアップしています。

使い続けるだけで、進化しつづけるスキンケアを取り入れられるのも他にはない特徴です。

お客様のクチコミ

とにかく、しっとり。クリーム無しでもこれで潤いのフタができる!

混合肌/40代/女性

手に出した瞬間はとろっとしたテクスチャですが、肌にのせた後はスーッと肌内部に入っていき、スキンケア後にべたつかないところがとってもよかったです〜!「そういえば、君オイルだったね!」と驚くレベル

30代/女性
ABOUT US

私たちのブランドの紹介や
製品の購入はこちらから

ブランドサイトを見る
この記事をSNSでシェアする
この記事を読んだ方はこちらも見ています
保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい
保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい
オイル美容 スキンケア 保湿 白いオイル
ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方
ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方
オイル美容 スキンケア ニキビ 白いオイル