ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方

ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方

優秀なアイテムが次々と誕生している「オイル美容液」。

試してみたいけれど「ニキビがあると使えないのでは?」と不安な方も多いかもしれません。

そこで大人のニキビの原因をおさらいしながら、ニキビが気になる人へおすすめのオイル美容液をご紹介します。

そもそも大人ニキビができる原因

大人のニキビは

  • 生理周期による皮脂分泌の増加

  • ストレスや睡眠不足によるターンオーバーの乱れ

  • 脂質や糖分の多い食生活

など、さまざまな要因があります。

なかでも見落とされがちなのが、乾燥が原因でできるニキビ。

保湿が足りなかったり、エアコンがきいた環境にいると肌が油分を補おうと、余計に皮脂が分泌してニキビの原因となってしまうのです。

ニキビがあってもオイル美容液は使える?


そんな乾燥からくるニキビを予防するために、オイル美容液で質の良い油分を補給するのも一つの方法です。

生理前など皮脂が気になるときにも、化粧水だけで終わらせず、乳液、クリーム、オイル美容液など油分を含んだアイテムでフタをしてあげましょう。

ニキビ肌でも使えるオイル美容液の選び方

画像

ニキビが気になるときに使うオイル美容液なら、まずはベタつかないつけ心地を選ぶのがポイント。

オイルといっても、種類や製品によってとろりと厚みのあるもの、サラッとしたものなどさまざまなので、毎日使いつづけられる質感のものを選びましょう。

また、ビタミンC誘導体が入っていると、ニキビの炎症を抑えたり、ニキビ跡をケアする効果が期待できます。

そして成分だけでなく、劣化したオイルはニキビを悪化させる可能性があるため注意が必要です。使用期限を過ぎたものや、直射日光のあたる場所で保管されていたものなどは使用を控えましょう。

ニキビがあっても使える"白いオイル"がおすすめな理由

画像

アジャイル コスメティクス プロジェクトの「白いオイル」はさらっとベタつかずにうるおうオイル美容液。水とオイルの2つの層によって、みずみずしくもっちりとしたつけ心地を実現し、一般的に皮脂の分泌が多いとされる男性のお客様や、ニキビが気になる方にも愛用いただいています。

実際のニキビが気になっていたお客様の声

クリームで保湿すると昼間の油っぽさが気になっていたんですが、「白いオイル 」でスキンケアするとベタつきがなくて。

※お客様の評価・ご感想であり、個人差があります。

さらにニキビやニキビ跡にアプローチするビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)や、抗酸化作用の高い成分が入った天然由来の植物オイルもたっぷり配合。保湿をしながら、うるおって明るい肌に導きます。

使い方もとてもシンプルなので、ニキビ予防のためにいくつもアイテムを使うのが苦手な方にもおすすめ。

化粧水のあとにこれ1本でスキンケア完了です。

白いオイルの使い方

  1. お手持ちの化粧水で水分補給

  2. 「白いオイル」を真っ白になるまで4〜5回しっかり振る
画像

 

3.約5滴(10円玉大)を出して、手のひらにとってお顔の中心から外側へなじませる

画像

アジャイル コスメティクス プロジェクトとは

画像

「アジャイル コスメティクス プロジェクト」(アジャイルコスメ)は、イメージではなく効果を追求するスキンケアプロジェクトです。

有用性豊富な天然由来成分にこだわり、シンプルで使いやすいのに、確実な手応えをもたらすアイテムを、「アジャイル開発」という方法で、お客様の声を取り入れながら、常に最新で最良の製品へとアップデートしています。

ABOUT US

私たちのブランドの紹介や
製品の購入はこちらから

ブランドサイトを見る
この記事をSNSでシェアする
この記事を読んだ方はこちらも見ています
保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい
保湿にかかせない乳液の役割とは?オイル美容液やクリームとの違いもおさらい
オイル美容 スキンケア 保湿 白いオイル
ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方
ニキビがあっても使える?オイル美容液の選び方・使い方
オイル美容 スキンケア ニキビ 白いオイル